タイルセット画像などを簡単に並び替える方法

2017.03.31
WOLF RPGエディター(ウディタ)で制作をしていて、タイルセット(マップチップ)画像にオリジナルや外部の素材を使用しているとタイルセット画像の管理や編集が若干面倒になることがあります。
・入手した画像素材中の特定のパーツだけを追加したい。
・自分が使いやすいようにパーツを並び替えたい。
・単純なパーツ合成をしたい(小物パーツを1マスにまとめたいなど)
など。
こういったことをしたい場合には、Photoshopなどの画像編集ソフトを立ち上げて編集していくわけですが、並び替えのように1マス・1チップ単位で編集するときは若干面倒だったり、操作ミスを起こしやすかったりします。
ずっと、こういった問題を解決できるようなツールがないかなぁと思っていました。

最近、RPGツクールMV専用のサポートツールとして「SAKAN タイルセットビルダー」というツールが発売しました。
RPGツクールMV ツール SAKAN -TILESET BUILDER-
これはだいぶ目的に近いツールだったのですが、3千円ぐらいの有料ソフト(豊富なパーツ画像がセット)でRPGツクールMV専用(他のツールで使用したい場合には許諾を取る必要がある)ということで、断念。
また、1マスの単位もRPGツクールMV用なので、1マス48×48pixel固定となっており、豊富な1マス32×32の素材をそのまま使うことができません。

ウディタにはサポートツールとして「tkool2WOLF」と「MapMapper」というタイルセット画像の結合ツールがありますが、単純に画像ファイルを結合していくツールなので、画像中の特定のパーツ画像を並び替えるという用途には使用できません。
tkool2WOLF配布所


んーなんとかならないかなぁ?と思っていたら、前々から利用していたフリーのマップエディター「Tiled」にはマップ編集画面をPNG画像ファイルで出力できることを思い出しました。
マップエディターと言ったら、どうぜんチップ単位・マス単位で画像パーツを配置していくツールですので、マップ部分をタイルセット画像を出力するキャンバスに見立てれば、画面をパーツの並び替えだろうが、画像中の特定パーツのみの追加だろうが、自由に行うことが出来るわけです。
また、Tiledはレイヤーをいくつでも追加可能ですので、単純なパーツ合成を行うことも出来ます。

前置きが長くなりましたが、今回はこの「Tiled」を使ったタイルセット画像の並び替え方法を紹介していきます。


このTiledを使った方法はウディタに限らず、RPGツクールシリーズ・SRPGStudioなどでも活用することが出来ます。
また、画像素材中の1マス・1コマのサイズが固定であれば、タイルセット画像に限らず、キャラチップ画像やキャラ顔画像、エフェクトアニメ画像なども簡単に並び替えること出来ます。

Tiledのダウンロード


Tiledのダウンロードは英語サイトで少し階層が深いので、簡単にダウンロード手順を記載しておきます。

まずは下記の公式サイトにアクセスします。
Tiled Map Editor

「Download via itch.io」ボタンを押します。
tiled_dl_1.jpg


「Download Now」ボタンを押します。
tiled_dl_2.jpg


寄付も可能ですが、寄付しないでダウンロードする場合は
「No thanks,just take me to the downloads」をクリックします。
tiled_dl_3.jpg


最後にご自分の環境に合うファイルを「Download」ボタンを押してダウンロードします。
tiled_dl_4.jpg


ダウンロードしたインストーラーファイルを実行しTiledをインストールします。
これで完了です。


起動と初期設定


Tiledを起動します。
海外のソフトですが、ちゃんと日本語UIで表示されます。
tiled20170331_01.png

まずは今回の作業を行う上で必要な表示設定を確認します。
「表示>ビューとツールバー」でこちらの画像のように必要なものをチェックして表示します。
tiled20170331_03.png

同じく「表示>グリッドの表示」も編集しやすいようにチェックして表示しておきます。
tiled20170331_04.png

画面UIや色などは「ファイル>設定>Theme」から変更できます。
tiled20170331_02.png


新しいマップ


それではさっそくタイルセット画像の編集を行うためのキャンバスに見立てたマップを作っていきましょう。

「ファイル>新しいファイル」から新しいマップの設定を行っていきます。
tiled20170331_10.png

設定するのは赤枠で示している部分ですね。
タイルの大きさも自由に設定できますので、ウディタの1マスのサイズが16×16・32×32・40×40にも対応できますし、RPGツクールMVの48×48にも対応できますね。
マップの大きさはそれぞれのタイルセット(マップチップ)画像の規格にあわせた設定が必要です。
ウディタの場合は横8タイルで縦は可変となっています。
マップの大きさは最初はある程度大きめに設定して、あとで変更も可能です。
tiled20170331_11.png

マップの設定ができたら、今度は結合・並び替えを行いたいタイルセット画像をどんどん読み込んでいきます。
「タイルセット」ビューにドラッグ&ドロップで読み込んでいきます。
複数画像はタブによって切り替えることができます。
画像サイズはバラバラでも問題ありません。
tiled20170331_12.png

タイルセット画像も読み込む際に簡単な設定をする必要があります。
通常は赤枠のタイルサイズ部分のみで問題ないと思います。
タイルセットのタイルサイズは、マップの設定画面で指定したタイルサイズと同じでなくても構いません。
キャラチップ画像を埋め込みたいという場合もあるかと思いますので、キャラチップの1パターンが縦長だったとしたら、32×64といったタイルサイズでもOKです。
tiled20170331_13.png


パーツの追加・並び替え


いよいよパーツの追加・並び替えをしていきます。
ウディタやRPGツクールなどでの経験があれば、普通にマップ編集をしていくのと同じですので、なんら難しいことはありません。

「スタンプ」ツールを選択した状態で、「タイルセット」ビューからパーツを選んでぽこぽことマップ画面に置いていきます。
tiled20170331_20.png

「タイルセット」ビュー上で左ドラッグで範囲指定を行って、そのままマップ編集画面に置くこともできますので、まずはベース画像をどんと置いておくのが良さそうです。
tiled20170331_21.png tiled20170331_22.png

タイルセット画像を複数読み込んでいる場合は、表示するタイルセット画像をタブで切り替えができます。
tiled20170331_23.png

間違えて配置してしまったパーツは「消しゴム」ツールで消せます。
tiled20170331_24.png

これでウディタやRPGツクールのマップ編集と同じような操作で、マス単位でのパーツの追加・並び替えが簡単にできましたね。


タイル・レイヤーによるパーツ合成


次はレイヤーを使ったパーツの合成です。
パーツを合成して自分で使いやすいパーツを作ったり、半オリジナルなパーツにしたりなどができますね。
残念ながら、Tiled上では色を変えたりなどはできないので、そういった場合には画像編集ソフトに頼らざる負えません。

Tiledでのレイヤーには「タイルレイヤー」「オブジェクトレイヤー」「イメージレイヤー」の3種類あり、Tiled上では無制限に増やすことが出来ます。
「タイルレイヤー」はそのまま通常のタイルセット画像のパーツを配置できるレイヤーです。
「オブジェクトレイヤー」は元々当たり判定を設定するレイヤーなのか?と思うのですが、ポリゴンやシェイプ、タイルレイヤーと同じようにタイルセット画像のパーツを配置することも出来ます。
「イメージレイヤー」は画像ファイルを配置することができるレイヤーです。今回は使用しませんが、場合によっては有用に使えるケースがあると思います。

まずは、タイルレイヤーを使ったパーツ合成をやっていきましょう。
「レイヤー」ビューの左下のボタンを押し、「Tile Layer」を選択してタイルレイヤーを追加します。
tiled20170331_30.png

編集しやすいように下のレイヤーの透過度を変更したりもできます。
tiled20170331_31.png

追加したレイヤーを選択して、パーツを配置。
ウディタなどで普通にマップのレイヤーを切り替えてパーツを重ねていく感覚で合成していくことが出来ますね。
tiled20170331_32.png


オブジェクト・レイヤーによるパーツ合成


次にオブジェクトレイヤーを使ったパーツ合成をやってみましょう。
オブジェクトレイヤーを使ったパーツ合成の利点はマス・タイルサイズに依存しないで自由な位置に配置できることです。

タイルレイヤーの追加と同じように、「レイヤー」ビューの左下のボタンを押し、「Object Layer」を選択してオブジェクトレイヤーを追加します。
tiled20170331_40.png

オブジェクトレイヤーにタイルセット画像を配置するには、オブジェクトレイヤーを選択した状態で、「タイルを追加」ツールを選択します。
tiled20170331_41.png

あとは普通にタイルセット画像のパーツをマップ編集画面に配置していきます。
1つのレイヤーにパーツをいくつでも配置することが出来ます。
ただし、オブジェクトレイヤーでのパーツの配置は、タイルセット画像を読み込む際に設定したタイルサイズでしか行なえませんので、ご注意ください。
tiled20170331_42.png

オブジェクトレイヤーに一度配置したパーツは「オブジェクトを選択」ツールで各種編集することができます。
tiled20170331_43.png

移動や拡大縮小。
tiled20170331_44.png

右クリックメニューには削除や反転なども。
tiled20170331_45.png

パーツを選択した状態でプロパティを見ると、回転させることもできます。
tiled20170331_46.png

また、「オブジェクト」ビューではアクティブなオブジェクトレイヤー上にあるパーツを個別に表示・非表示することができます。
tiled20170331_47.png

このようにオブジェクトレイヤーでのパーツ合成は、タイルレイヤーのパーツ合成よりも自由な設定が可能ですので、小物パーツを色々な組合せで配置したり、最初に紹介したRPGツクールMV用の「SAKAN タイルセットビルダー」に近いことができるようになります。


Fine Gridの設定


オブジェクトレイヤー上でパーツを移動させるときには、1ピクセルごとの移動と「Fine Grid」での移動が可能です。

「Fine Grid」というのは、グリッド(マップのタイルサイズ)を指定数で分割したものです。
「編集>設定>一般」で調整可能です。
tiled20170331_51.png

「Fine Grid」で移動できるようにするには、「表示>Fine Gridに吸着」をチェックします。
1ピクセル毎にするには、逆にこのチェックを外します。
tiled20170331_50.png


マップ編集画面の拡大表示


オブジェクトレイヤーで細かく移動させてパーツを合成していると、拡大表示したくなると思います。
ウィンドウの右下で表示倍率を変更できます。
tiled20170331_60.png


マップサイズの変更


一通り編集が完了したら、画像サイズを確定させて保存していきましょう。
あとで、またパーツを追加する予定の場合は大きいままでもいいと思います。

適正な画像の大きさはマップ編集画面で一番下に配置されているパーツのタイルを選択し、ウィンドウの左下にその座標が表示されるので、それをを元にした大きさになります。
座標なので0から始まっていますので、+1した数が正しいサイズになります。
tiled20170331_70.png

「マップ>マップのサイズを変更」を選択します。
tiled20170331_71.png

大きさを入力して完了です。
tiled20170331_72.png


マップ編集画面を画像保存


では、完成したマップを画像として出力しましょう。
画像はPNGファイルとして出力されます。

「ファイル>画像でエクスポート」を選択します。
tiled20170331_80.png

出力場所とファイル名を入力して「エクスポート」ボタンを押して完了です。
tiled20170331_81.png


編集状態の保存


Tiledでの編集状態を保存しておくと、またパーツの追加や入替えが発生したときに、タイルセット画像の読み込み状態など同じ状態で編集することができ便利です。

タイルセット画像編集用のフォルダなどを作ってそこでまとめて作業するといいと思います。

保存は「ファイル>ファイル名をつけて保存」などから行います。
tiled20170331_90.png



以上、マップエディターである「Tiled」を画像編集ツール的な使い方をしてしまいましたが、私自身の作業でも非常に便利になりました。

「Tiled」は日々開発が進んでいて機能追加などもありますので、さらに便利な使い方が分かったら、またご紹介したいと思います。
関連記事

この記事へのコメント

非公開にする :

トラックバック

URL :

プロフィール

ぴぽ

管理人:ぴぽ
フリーのグラフィックデザイナーという傍ら、「ゲームを作りたいなぁ♪」と奮闘中です!
Twitter

▼関連サイト
・ぴぽや - ゲーム画像素材販売 -
 有料素材の販売
・ぴぽや倉庫
 公開した素材のまとめ

・ぴぽやリンク
 素材配布サイトリンク集
・はじめてのウディタ
 ウディタお勉強wiki
・はじめてのウディタSNS
 ウディタ初心者向けSNS
・ニコニ・コモンズ
 動画素材を登録中

ご感想・ご利用報告・ご連絡

素材のご利用報告・ご感想をいただける場合はこちらにお願いします。

お仕事のご相談などはこちらをご覧ください。

作ってほしいゲーム用画像素材のご要望はこちらにどうぞ。
最新記事一覧
ファイルのダウンロードについて 2017/06/18
2017年5月 DLsite.comで発売されたゲーム向け素材紹介 2017/06/03
ゲーム制作&ゲーム向け素材情報 2017年5月分 2017/06/03
PhotohsohpCC2014用ドット絵作業パネル 2017/05/26
SRPGStudio用 魔法エフェクトアニメーションの作成 2017/05/23
カテゴリ
最新コメント
リンク
ウディタ公式サイト
ツクールweb
Degicaツクールストア
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へ
にほんブログ村
ビットゲームメーカー公式(ゲーム制作ができるスマホアプリ)

リンクして頂ける場合はこちらのバナー画像をお使いください。
※バナー画像なしのリンクでも全く問題ありません。

RSS
広告
おすすめ有料素材
ねくらファンタジーマップチップ素材集
ねくらファンタジーマップチップ素材集
ねくらファンタジーマップチップ素材集エクストラダンジョン
ねくらファンタジーマップチップ素材集エクストラダンジョン
SF近未来~現代 タイルセット・マップチップ素材 著作権フリー RPGツクール、ウディタ用
SF近未来~現代 タイルセット・マップチップ素材
ファミコン風RPG基本マップ素材セット
ファミコン風RPG基本マップ素材セット
どうぶつキャラクターチップセット3
どうぶつキャラクターチップセット3
1号のバトラー素材集基礎編vol.1
1号のバトラー素材集基礎編vol.1
RPG用ザコ敵(哺乳類他)48種類セット
RPG用ザコ敵(哺乳類他)48種類セット
立ち絵素材男女
立ち絵素材男女
【立ち絵素材】Aさんのバイト服
【立ち絵素材】Aさんのバイト服
【立ち絵素材】現代人まとめ (女子生徒・男子生徒・一般女性・一般男性・少女)
【立ち絵素材】現代人まとめ (女子生徒・男子生徒・一般女性・一般男性・少女)
ぴぽやゲームエフェクト素材集01-斬撃- &02-属性斬撃- セット
ぴぽやゲームエフェクト素材集01-斬撃- &02-属性斬撃- セット
みにくる背景CG素材集『ファンタジー編』part01
みにくる背景CG素材集『ファンタジー編』part01
みにくる背景CG素材集『ファンタジー編』part02
みにくる背景CG素材集『ファンタジー編』part02
みにくる背景CG素材集『ファンタジー編』part03
みにくる背景CG素材集『ファンタジー編』part03
イラストアイコン素材集Vol.1
イラストアイコン素材集Vol.1
ファンタジーゲーム向けアイコン素材1
ファンタジーゲーム向けアイコン素材1
ファンタジーゲーム向けアイコン素材2
ファンタジーゲーム向けアイコン素材2
ゲーム製作用アイコン集#01
ゲーム製作用アイコン集#01
フリー素材音楽 Vol.1・2・3バンドル (MP3で289曲収録 - Vol.2/3無限ループ再生/RPGツクールにも対応)
フリー素材音楽 Vol.1・2・3バンドル (MP3で289曲収録 - Vol.2/3無限ループ再生/RPGツクールにも対応)
RPG向けフリー素材BGMデラックスパック
RPG向けフリー素材BGMデラックスパック
著作権フリーオリジナルBGM集 Vol.1 『RPG tail』
著作権フリーオリジナルBGM集 Vol.1 『RPG tail』
ドットゲーム支援音楽集 〜中世ファンタジー編 2巻〜
ドットゲーム支援音楽集(MIDI) 〜中世ファンタジー編 2巻〜
フリー素材SE Vol.ABCバンドル (効果音1865個収録)
フリー素材SE Vol.ABCバンドル (効果音1865個収録)
SMILE GAME BUILDER
3DRPG制作ソフト SMILE GAME BUILDER
SRPG Studio
シミュレーションRPG作成ソフト「SRPG Studio」
ティラノビルダー PRO
ノベルゲーム開発ソフト「ティラノビルダー PRO」